ジェットスターで持ち込み可能な手荷物とは

ジェットスターに乗る際に、注意しないといけないのが持ち込んでも大丈夫な種類。例えばお茶などは国内線では持ち込みして良いが、国際線では没収となるなど、持込み可能な手荷物がとても制限されています。
機内に持ち込めることが出来る荷物の例としては、財布、ハンドバック、雑誌、ノートPC、規定内の免税品、お土産などが挙げられます。
また、機内に持込可能な手荷物としては、前の座席の下もしくは座席上部にある荷物入れに入る大きさまでの手荷物に限られています。(サイズや大きさについては各航空会社HPにて要確認)

他には、化粧品類、例えばヘアケア用品、スキンケア用品、シェ一ビングフォ一ム、ネイルケア用品、入浴剤やバスオイル、マウスケア用品、香水やオーデコロン、アロマオイル、制汗・清涼・冷却スプレ一、家庭用洗剤、洗浄液などは1つの容器に対して0.5ℓもしくは0.5kg以下であり、一人当たり2ℓまたは2kより少なければ持込みができます。

医療品・医薬部外品であれば、消炎鎮静剤、虫刺され・かゆみ止め薬、虫よけ、殺菌・消毒剤であれば一容器あたり0.5リットルまたは0.5kg以下であり、一人あたり2リットルまたは2kg以下であれば持ち込みが可能です。
日用品・スポーツ用スプレ一に関しては、防水スプレ一、カーペットクリ一ナ一、ガラスクリ一ナ一、スプレ一のり、塗料スプレ一の場合は、引火性ガスか毒性ガスを使用しているものについては持ち込みもお預けとしてもNGです。引火性ガスか毒性ガスを使用していないものについてはお預けのみOKとなっています。

液体類に関しては、酒類はアルコール度数が70パーセントを超えるものについては持ち込みNGとなっています。
携帯電話などに利用される電池・バッテリ一類はほぼOKなのですが、スマホなどのリチウム含有量が2gを超えるもの、携帯型医療用電子機器だとリチウム含有量が8gを超えるもの予備電池では2gを超えるものが持ち込み禁止となっています。

あとはサイズなどの制限もあるので、ジェットスタ一の持ち込み可能な手荷物はかなり制限がされていると言えます。手荷物として持込みがNGな場合は、受託荷物としてお預け扱いで持ち込むこともできますが、別途大きさやサイズに応じて費用がかかるので前もって確認する必要があります。

ジェットスターは格安で予約ができる飛行機として有名ですが、旅行で世や宇久をする際には手荷物についてもしっかりと知識をいれておきましょう。