ジェットスターの手荷物に関するルール

ジェットスターは機内持込みの手荷物の制限が大変厳しいことで有名です。無料で機内に持込みできる手荷物の重さは最低限の財布やパソコンなど含めて7kg以内です。

これは国内線でも国際線でも同じ規定となっているので事前にご自身で計測等していきましょう。
手回り品もこみということは、機内に持込む荷物と最低限の財布やハンドバックなどの品を合わせた合計が7kgまでとなっているので、これは厳しいですね。
7kg以上持ち込みたい、お土産が多くなったなどといった場合には、15kgの預け荷物を購入するなどして荷物を運んでもらうことができます。
次に気になるルールは、手荷物のおおきさです。

ジェットスタ一の規定では、キャリーバッグなどの大きさは高さが56センチまで、横幅が36センチまで、奥行が23センチまでとなっています。
これはキャスタ一やハンドルを含めた大きさとなるので、キャリ一バッグをジェットスタ一で中にもっていけるものとしては、この範囲内に収まるか事前にチェックしておく必要があります。
この枠に収まるキャリ一バッグというのは実はなかなか存在しておらず、機内に持ち込みが可能なサイズという謳いで売っているキャリ一バッグでもジェットスタ一の規定からは少しオ一バ一する
ことがほとんどなのです。

ジェットスタ一を利用する場合はキャリーバッグ探しから始めないといけないかも知れませんのでご注意ください。
そんな時に丁度良いものに、超軽量ボストンバッグがあります。ポケッタブルボストンといわれるもので、これの35Lサイズが丁度良い大きさとのことです。
手荷物で気をつけたいのが手回り品の大きさのルールです。

ジェットスタ一の場合は手回り品の定義が大変厳しく設定されています。
機内に持ち込める手回り品は、ハンドバッグ、文庫本、財布、ノートパソコン、コート、傘、免税品程度のものしか持ち込めません。
これを見るとリュックとキャリーバッグなどという組み合わせでは持ち込めないようです。

一般的なハンドバッグのサイズは縦21cm、横35cm、奥行き8cmといったサイズのようで、これに収まる程度であればショルダーバッグなどでも良いのかも知れませんが、確認はしていませんので、無難にハンドバッグにしておいたほうが良いと言えます。

ジェットスタ一のチェックインカウンタ一では、ル一ルに従い手荷物検査が行われるのですが、小さなポシェットのようなものですら見逃されずにしっかりと測定されるので、ちょっと心の覚悟が必要なようです。ジェットスタ一の手荷物に関するル一ルはかなり厳しいといえます。