カテゴリー: ジェットスター情報

Recent Posts

ジェットスターで持ち込み可能な手荷物とは

ジェットスターに乗る際に、注意しないといけないのが持ち込んでも大丈夫な種類。例えばお茶などは国内線では持ち込みして良いが、国際線では没収となるなど、持込み可能な手荷物がとても制限されています。
機内に持ち込めることが出来る荷物の例としては、財布、ハンドバック、雑誌、ノートPC、規定内の免税品、お土産などが挙げられます。
また、機内に持込可能な手荷物としては、前の座席の下もしくは座席上部にある荷物入れに入る大きさまでの手荷物に限られています。(サイズや大きさについては各航空会社HPにて要確認)

他には、化粧品類、例えばヘアケア用品、スキンケア用品、シェ一ビングフォ一ム、ネイルケア用品、入浴剤やバスオイル、マウスケア用品、香水やオーデコロン、アロマオイル、制汗・清涼・冷却スプレ一、家庭用洗剤、洗浄液などは1つの容器に対して0.5ℓもしくは0.5kg以下であり、一人当たり2ℓまたは2kより少なければ持込みができます。

医療品・医薬部外品であれば、消炎鎮静剤、虫刺され・かゆみ止め薬、虫よけ、殺菌・消毒剤であれば一容器あたり0.5リットルまたは0.5kg以下であり、一人あたり2リットルまたは2kg以下であれば持ち込みが可能です。
日用品・スポーツ用スプレ一に関しては、防水スプレ一、カーペットクリ一ナ一、ガラスクリ一ナ一、スプレ一のり、塗料スプレ一の場合は、引火性ガスか毒性ガスを使用しているものについては持ち込みもお預けとしてもNGです。引火性ガスか毒性ガスを使用していないものについてはお預けのみOKとなっています。

液体類に関しては、酒類はアルコール度数が70パーセントを超えるものについては持ち込みNGとなっています。
携帯電話などに利用される電池・バッテリ一類はほぼOKなのですが、スマホなどのリチウム含有量が2gを超えるもの、携帯型医療用電子機器だとリチウム含有量が8gを超えるもの予備電池では2gを超えるものが持ち込み禁止となっています。

あとはサイズなどの制限もあるので、ジェットスタ一の持ち込み可能な手荷物はかなり制限がされていると言えます。手荷物として持込みがNGな場合は、受託荷物としてお預け扱いで持ち込むこともできますが、別途大きさやサイズに応じて費用がかかるので前もって確認する必要があります。

ジェットスターは格安で予約ができる飛行機として有名ですが、旅行で世や宇久をする際には手荷物についてもしっかりと知識をいれておきましょう。

ジェットスターの手荷物に関するルール

ジェットスターは機内持込みの手荷物の制限が大変厳しいことで有名です。無料で機内に持込みできる手荷物の重さは最低限の財布やパソコンなど含めて7kg以内です。

これは国内線でも国際線でも同じ規定となっているので事前にご自身で計測等していきましょう。
手回り品もこみということは、機内に持込む荷物と最低限の財布やハンドバックなどの品を合わせた合計が7kgまでとなっているので、これは厳しいですね。
7kg以上持ち込みたい、お土産が多くなったなどといった場合には、15kgの預け荷物を購入するなどして荷物を運んでもらうことができます。
次に気になるルールは、手荷物のおおきさです。

ジェットスタ一の規定では、キャリーバッグなどの大きさは高さが56センチまで、横幅が36センチまで、奥行が23センチまでとなっています。
これはキャスタ一やハンドルを含めた大きさとなるので、キャリ一バッグをジェットスタ一で中にもっていけるものとしては、この範囲内に収まるか事前にチェックしておく必要があります。
この枠に収まるキャリ一バッグというのは実はなかなか存在しておらず、機内に持ち込みが可能なサイズという謳いで売っているキャリ一バッグでもジェットスタ一の規定からは少しオ一バ一する
ことがほとんどなのです。

ジェットスタ一を利用する場合はキャリーバッグ探しから始めないといけないかも知れませんのでご注意ください。
そんな時に丁度良いものに、超軽量ボストンバッグがあります。ポケッタブルボストンといわれるもので、これの35Lサイズが丁度良い大きさとのことです。
手荷物で気をつけたいのが手回り品の大きさのルールです。

ジェットスタ一の場合は手回り品の定義が大変厳しく設定されています。
機内に持ち込める手回り品は、ハンドバッグ、文庫本、財布、ノートパソコン、コート、傘、免税品程度のものしか持ち込めません。
これを見るとリュックとキャリーバッグなどという組み合わせでは持ち込めないようです。

一般的なハンドバッグのサイズは縦21cm、横35cm、奥行き8cmといったサイズのようで、これに収まる程度であればショルダーバッグなどでも良いのかも知れませんが、確認はしていませんので、無難にハンドバッグにしておいたほうが良いと言えます。

ジェットスタ一のチェックインカウンタ一では、ル一ルに従い手荷物検査が行われるのですが、小さなポシェットのようなものですら見逃されずにしっかりと測定されるので、ちょっと心の覚悟が必要なようです。ジェットスタ一の手荷物に関するル一ルはかなり厳しいといえます。

ジェットスターで手荷物検査に引っかかるパターン

ジェットスターの手荷物検査で引っかかるパターンとしては、ハイジャック・テロ等に凶器として使用される恐れのあるものとみなされるものが挙げられます。
機内持ち込み・お預け手荷物における危険物の代表例というものが挙がっているのですが、それはあくまで代表例なので、それ以外でも工具、スポーツ用品、武具などの中で凶器となりうるものや、代表例としてリストに挙がっているもの以外でも材質や強度、形状などにより凶器となり得ると判断されたものについては、持ち込みが禁止となり、手荷物検査で引っかかることになります。

リストに挙がっているものの例としては日用品で、防水スプレーやカーペットクリーナー、ガラスクリーナー、スプレ一のり、塗料スプレ一などで引火性ガスまたは毒性ガスを使用しているものは手荷物検査で引っかかります。これらは持ち込みもお預けという形でも持ち込むことはできません。

あとは液体類の制限も厳しいです。酒類の中でもアルコ一ル度数が70%を超えるものも手荷物検査で引っかかります。例えば、古酒やウォッカなどがそれにあたる可能性があります。
発熱剤付きの飲料水などいろいろ危ない成分などももっていますと引っかかりますので注意が必要です。

次に、スマートフォンやノ一トパソコンなどに使われているリチウム金属電池は、その含有量によっては手荷物検査で引っかかる可能性があります。
乾電池やニッケル水素電池、ニッカド電池は持ち込みができます。
他には、オイルライターや万能マッチなども手荷物検査で引っかかる可能性があります。ライター用の燃料も持ち込み不可です。

花火やクラッカー、発煙筒の類も手荷物検査で引っかかります。

刀やあいくち、飛び出しナイフ類もお土産であったとしても手荷物検査で引っ掛かり、持ち込みが禁止されます。
ただし、ナイフ類やカッター類、エアガンなどに関しては、お預けという形で運ぶことが可能です。
お土産にと買ったものが実は持ち運べないものだったと手荷物検査で引っかかってからわかっても遅いので、注意が必要ですね。

ジェットスターで飛行機に持ち込めない手荷物とは?

空港の保険検査場で手荷物検査をする際に、持ち込めない手荷物というものが存在します。保安検査場は、通過しないとならない時刻が航空会社ごとに決められています。特に格安航空会社の場合ですと、カウンタ一や搭乗口が保険検査場から離れた奥まったところに位置していたり、飛行機が搭乗口から離れている場合があるので、時間がかかることを見越して行動をすることが大切です。

ジェットスターは乗り込み時間の25分前までとなっていますが、ギリギリに駆け込むと、万が一持ち込めない手荷物があったりして時間を浪費したりすることもあるので、十分な余裕を持っていきましょう。

また、金属探知機を通過する時には、身につけてはいけない物があることも考えて、より時間にも気持ちにも余裕を持つことがベストといえるでしょう。
金属探知機を通る際には、X線検査装置に備え付けのトレ一に、スマホや携帯、時計などや、財布、アクセサリ一などの金属類、ポケットの中に入れているような金属類(小銭いれ、鍵、デジカメ、小物など)、大きなバックルや金属の飾りの付いたベルトなどを入れてチェックを受けましょう。

X線検査装置にカバンごとチェックを受けることもできますが、再度カバンをチェックされる二度手間になることも考えて、中身をあらかじめ出して検査を受けたほうが良いでしょう。
このとき、ライターは1人1つまでしか持ち込めないという決まりがあるので、2つより多く持っていた時には、その場でひとつを選びもう1つは放棄するように指示されてしまいます。
また、ガス式のヘア一アイロンやコテも1人1個までしか持ち込めませんので注意が必要です。

液体類の持ち込みは、開封後のペットボトルの場合あとで液体類を調べる専用の検査機で検査を受ける必要があり、水筒などの飲み物の場合は、開封して臭いなどのチェックを受けることとなり、場合によっては中身を破棄することになる場合もあります。

また、預け荷物としてあらかじめ預けなければいけないものとして、ハサミやカッターなどの刃物類、先端のとがった物やバット類などは、機内持込みに制限がかかり物となり、保安検査場で見つかると、放棄品として捨ててしまうか搭乗手続き口にもう一度戻ってもう一度預け入れを行うことになってしまい、手間となり、渡航時間に間に合わないという事もありますので注意が必要です。
なお、保険検査場を通過する際には航空チケットやバーコードが付いたカードが必要となるので、忘れずに手元に持っておくようにしましょう。

ジェットスターを予約する際危険物とみなされるもの

今回はジェットスターの機体に持ち込めない危険物とみなされるものについてまとめてみました。航空会社では、人に危害を与える恐れがありえるもの、他の物などを壊す恐れになるものを危険な物とみなし、飛行機による配送を禁じており、次のようなものがあるので要確認いたしましょう。

ライタ一用の補充ガスや、キャンプ用のガス、 ダイビング用のボンベ、スプレ一缶などは高圧ガスを含むものということで持ち込みが禁止されています。キャンプやダイビング目的で旅行に行く場合は、現地でレンタルしたほうが良いということが言えるでしょう。高圧ガスは燃えやすいものとみなされるので、持ち込みが禁止されています。オイルタンク式ライター、オイルライター用燃料、ペイント類が引火性液体ということで持ち込みが禁止されています。

これはZippoライターもダメなのかと一瞬思っていまいますが、喫煙用ライター、安全マッチなどは1人1個まで携帯が可能となっています。吸収剤(綿)がないタイプのオイルタンク式ライタ一は持ち込み不可ということのようです。Zippoライタ一の場合は、綿に燃料を染みこませるタイプなので持ち込み可となっているようです。

花火やクラッカー、弾薬なども勿論、火薬類として持ち込みが禁止されています。お土産で買うということが考えられますが、買わないように注意しましょう。
小型酸素発生器や漂白剤などの酸化性物質も持ち込みが禁止されています。酸化性物質はそれ自体、必ずしも可燃性ではないのですが、酸素を与えることで物の燃焼を促す可能性のある物質です。ですので、持ち込みが禁止とされています。

エンジンやリチウムイオンバッテリーも、その他有害物件とうことで持ち込みが禁止されています。引火性の物質であるということですね。
あとは、徳用マッチ、炭などの可燃性物質、殺虫剤や農薬などの毒物類、放射性物質なども持ち込みが禁止されています。
液体バッテリーや水銀などの腐食性物質も、腐食反応で溶け出すとガスを発生させて危険な為、持ち込みが禁止されています。

キャンプ目的の旅行の場合、危険物に引っかかるものが多いので注意が必要と思われます。
必要なものはなるべく現地で調達して、現地で消化してしまうようにしましょう。